このエントリーをはてなブックマークに追加

2月

13

価値からはじめるビジネスデザイン

匠Methodを使ってみよう

Organizing : 匠Business Place & FUJITSU Knowledge Integration Base PLY TOKYO

Hashtag :#plytokyo
Registration info

講演とワークショップに参加(2月13日、2月20日)

Free

FCFS
14/15

講演のみ参加(2月13日)

Free

FCFS
4/5

Description

イベント概要

社会環境の変化やITの進化によりビジネス環境が大きく変化しており、これまでのビジネス慣習から脱却した新たな発想を基にしてビジネスを推進していく必要性が生じています。しかし、このような新たな発想から導き出すアイデアをビジネスに落とし込むスキルはまだ確立されていないのが現状です。

アイデア発想やビジネスモデリングの手法を学び、実践している方も多いと思います。それぞれの手法は目的に応じた役割を果たしますが、現実的な活動に結びつかない・成果につながらないなど、課題・モヤモヤを抱えてはいませんか?

匠Methodは、価値からビジネスをデザインする手法であり、それは、ビジネス慣習から脱却した新たな発想を生み出すスキルとなります。まさに、今のビジネスニーズに適した手法です。

今回、未来を紡ぐ共創実践の場であるFUJITSU Knowledge Integration Base PLY TOKYOにて、講演(2019年2月13日)とワークショップ(2019年2月20日)の2回に分けてセミナーを開催します。

上記のような課題がある、または、興味を持っている皆さん、業種業態は問いませんので、是非ともご参加ください。  

匠Methodの特徴 ~講師メッセージ~

匠Methodは、対象の価値のデザインからはじめることが企画手法としては特徴であります。 さらに、価値のデザインに終わらず、デザインされた価値を元に、一気通貫でビジネス戦略、業務課題、業務活動をスピーディに創り出すこと。そして、その中で活用する図の要素同士が繋がっているために、価値・戦略・業務・活動といった要素がトレーサブル(追跡可能)である点が非常に特徴的であり、このことを基本部分としては、たった6枚の図で実現します。 その点がビジネスをアジャイルに創り上げるというアプローチに適しています。

現在のところ、このような手法は世界的に見ても唯一無二と言えます。
匠Methodの活用領域は次のように広範囲です。

企画構想
ビジネス企画
サービス企画
ITシステム企画

改革・改善
業務改革
IT業務改革

新デザイン(短期・中期デザイン)
社会デザイン
サービスデザイン
部門デザイン
プロダクト(製品)デザイン
キャリアデザイン(個人向け)

このように、広範囲に使える理由は、匠Methodのフィロソフィーとして「ミクロ、マクロ同一活用の原則」という考え方があり、「大小関係なく同一の方法でデザインすることができる」不変の法則を発見できたからであります。私は、これを元にビジネスパーソンの新たなスキルとして定着するよう多くの方に広めていこうと考えています。

また、匠Methodは新たな価値観を描き、そこからユーザの価値を起点にビジネスデザインを行う手法であり、価値から活動まで落とし込むフレームワークの性質も兼ねています。そのため、デザインシンキング、ビジネスモデルキャンバス、ユーザーストーリーマッピングなど西洋生まれの図との相性が良く、それらの図を連結させることで更なる狙い撃ちが可能となります。

本セミナーの参加対象者は次のような方々です。

■対象者(業種業態を問いません)
→価値創造ためのスキルを身に付け、日々の仕事に使いたい
→匠Method初心者・経験者に関わらず、本質を理解し、社内に広めたい
→ビジネス企画、サービス企画を行うための基礎スキルを身に付けたい
→自分の絡むプロジェクトを、価値創造型のプロジェクトにシフトさせたい
→社員とともに納得感のある企業戦略を策定したい
→アジャイル開発をビジネスシーン開発に役立てたい
→ビジネスモデルキャンバスやユーザーストーリーと匠Methodの組み合わせ方を知りたい
→匠Methodエバンジェリストになりたいので、基本を再学習したい

講師紹介

株式会社 匠Business Place 代表取締役社長 萩本順三
プロフィール画像

1997年 オブジェクト指向開発方法論Dropを自ら作成して一般公開、開発で活用し始めた頃から自分の天職はメソドロジストであることを強く意識し始め、次はビジネスのメソッドを作ることを考えていました。2000年に仲間と豆蔵を立ち上げ、要求開発方法論(Openthology 0.6)の初版を書き下ろし、その後要求開発アライアンスメンバーと共に書籍「要求開発(日経BP)」にて要求開発方法論(Openthology 1.0)を公開しました。
2008年 新たに匠BusinessPlaceを起業し、要求開発をベースとして、ビジネス企画メソッド「匠Method」を作りあげ、価値のデザインから要求を導き出し活動につなげる手法として継続的に進化させ、ビジネス企画、製品企画、業務改革、プロジェクトデザイン、部門デザイン、キャリアデザインなどのコンサルティング・教育活動及び匠Methodによるビジネス企画の中でITシステム開発を行うサービス(匠Method for Salesforce)通して匠メソッドの活用領域を広げています。 2018年には匠Methodをベースとしたブランディングサービス(ArchBRANDING)をエフインク社と共同で立ち上げました。また、慶應義塾大学SDM研究科や早稲田大学理工学術院の授業にて学生に匠Methodによる社会&ビジネスデザインを授業で教えることを楽しんでいます。

主な著書
– ビジネスを創出する「匠Method活用法」、翔泳社~電子書籍&POD(紙版)
– 匠Method ~新たな価値観でプロジェクトをデザインするために~電子書籍&POD(紙版)Amazonにて販売
– 要求開発の著書「要求開発、日経BP、共著」
– 初歩のUMLモデリング、技術評論社

講師

Feed

goosun

goosun さんが書き込みました。

2019/02/20 18:52

少し遅れて参加いたします。

MadoWindahead

MadoWindaheadさんが資料をアップしました。

02/13/2019 22:10

MikaIkeda

MikaIkeda published 価値からはじめるビジネスデザイン.

12/28/2018 13:16

価値からはじめるビジネスデザイン を公開しました!

Group

PLY TOKYO Event

Number of events 2

Members 32

Ended

2019/02/13(Wed)

19:00
21:30

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2018/12/28(Fri) 13:16 〜
2019/02/13(Wed) 21:30

Location

FUJITSU Knowledge Integration Base PLY TOKYO

東京都大田区新蒲田1-17-25

Attendees(18)

samueru

samueru

価値からはじめるビジネスデザインに参加を申し込みました!

Shotaro Gondo

Shotaro Gondo

価値からはじめるビジネスデザインに参加を申し込みました!

hondadadada1234

hondadadada1234

価値からはじめるビジネスデザインに参加を申し込みました!

tsuyoshiiwata

tsuyoshiiwata

価値からはじめるビジネスデザイン に参加を申し込みました!

亀山充人

亀山充人

価値からはじめるビジネスデザイン に参加を申し込みました!

Waki_TAKeni_Chi

Waki_TAKeni_Chi

価値からはじめるビジネスデザインに参加を申し込みました!

bebetch

bebetch

価値からはじめるビジネスデザインに参加を申し込みました!

Keisuke_Matsuo

Keisuke_Matsuo

価値からはじめるビジネスデザイン に参加を申し込みました!

goosun

goosun

価値からはじめるビジネスデザインに参加を申し込みました!

Miho

Miho

価値からはじめるビジネスデザイン に参加を申し込みました!

Attendees (18)

Canceled (12)